親戚のお葬式が終わったら

親戚のお葬式が終わると一般の参列者と違って後日納骨式に招かれたり法事に参加する必要がでてくるケースもあります。特に祖父母や親、兄弟など関係が近いほど参列が必要となるのでしっかりと日程を確認しておくようにしましょう。また、地域によっては1周忌や納骨式の際にお香典を持っていくケースもがあるので、地域の慣習などわからない時はいくらくらい包めばいいかなどなるべく年長の親戚に確認をとるなど参加した時に慌てないように事前に準備しておくようにしましょう。

特に近い親戚の場合、事前に日程を合わせられるように声をかけてもらえるので声がかからない場合は参列の必要はないのでこちらからアクションを起こす必要はないでしょう。ただ、電話やはがきを送ったり、お墓まいりに行った時などにあらためて様子をうかがう事も大切です。

親戚同士のお付き合いは冠婚葬祭外すことができない事です。そのつながりを大切にすることで後々自分たちの時になった場合も親身になってくれるので、葬儀や法事、お盆や正月など季節ごとの行事を大切にして接するようにしましょう。また訃報をうけてお葬式まで滞りなく終了した場合はその後改めてご連絡をするなど、心遣いも必要です。