親戚のお葬式でのお手伝いは?

お葬式の訃報をもらったらなるべく近い親戚のところにはかけつけたいものです。そんな時、単純に家へ訪問するのではなく伺ったときにはしっかりと喪主となる方のお手伝いができるように準備しておきましょう。特に連絡をもらって駆けつける場合は華美にならないエプロンなどを持参していくと、弔問してきたかたのお茶出しや台所仕事を手伝う事ができます。この時行ってすぐに手を出すのではなく、一言家の方に声をかけてから行う事が大切です。

声をかけても手伝わなくて大丈夫と言われた場合は無理に行わずに引いて、お焼香だけで帰ってくるようにしましょう。たくさんの出入りのある時に大勢の人がただ居座ると単純に家の方のご迷惑になってしまう事もあります。特に家に駆けつける場合は、その親族との関わりなど親交の深さでどうするかを決めるようにしましょう。

お葬式の訃報が届いたからと言って実際にあまり親交がないにも関わらずいきなり家に押しかけても家族の方を困らせてしまいます。特に小さな子供がいたり、反対に相手の家に小さな子供がいる場合など忙しい中時間を割かせてしまう事にもなるので、親交があまりない場合は家に行くのではなく葬儀の場でご挨拶をするようにしましょう。

親族と言っても相手の方を良く知らないケースもあります。しかしお祝いをもらったり、小さな時に可愛がってもらったなど何かしら関わりがある場合は、参列できない時は弔電やお香典を送るなどして対応するようにしましょう。親族の場合、対応に困ったらとりあえず何かしらの行動に移しておく事が大切です。